【食育】朝食を食べると学力がアップする?

「朝食は学力に影響する」という話を

みなさんも耳にしたことがあると思います。

これは、食育という言葉が生まれて以来、

よく言われている定説です。

いまでは小学校でも、

この統計が授業で取り上げられるという話も聞いたことがあります。

でも朝食と学力が関係あるのでしょうか?

確かに、文部科学省の資料にもこんな記述があります。

毎日朝食を食べる 子供ほど、学力調査の平均正答率が高い傾向にある

全国学力・学習状況調査2015

こういうデータをみると

「朝ごはんを食べると、成績が上がる」

ような印象を受けますよね?

でも、私はこの説には少し疑問を感じています。

【食育】朝食と学力に因果関係は?

テストを受けた子供達の、

朝食摂取状況とテスト結果を照らし合わせて、

「朝食を毎日食べている子は、

そうでない子に比べて学力が高い」

という結論になっています。

しかし、これはあくまで

「朝食を毎日食べているか」

というアンケートと、

「テストの結果」

を照らし合わせた結論で、

因果関係ではないわけです。

アンケートには、

「毎日どれくらい学習していたか」

「家の人は学習に協力的だったか」

「塾には通っているか」など、

学力に直接影響しそうな要因は、

全く含まれていないのです!!!

もしも全く同じ環境で育った子供達を集めて、

長期にわたって

「朝食を毎日摂るグループ」と

「摂らないグループ」に分けて、

その後に成績を調査したなら因果関係を示せるかも知れません。

でもこの結果では、

朝食を食べることが、学力に影響するとは言い切れません。

【食育】朝食以外の要因が大きい?

「朝食を毎日食べる」と答えた子供達の家庭は

どんな環境だと思いますか?

教育のこともきちんと考えているお家である可能性は高いですよね。

つまり、

朝食をきちんと摂れる環境にある子供達が、

学習環境においても

恵まれているだけなのかもしれないのです。

何が学力に直結しているかは判断できません。

実際に、東洋大学の生活支援学科の鈴木先生はこう述べています。

生活に余裕があり教育熱心な高収入家庭の子供は、毎日朝食を食べ成績もいいが、困難を抱えた低収入家庭の子供は毎日朝食を食べる割合が低く、成績も低いことを明らかにしたと考えられる

「朝食」を食べない子は成績が悪い?ちいさいなかま2007年6月号 草土文化

そう!朝食そのものが、

学力に直結しているわけではないのです。

ただ、これはあくまでも学力のお話。

私は朝食を食べさせる必要がない!と言いたいわけではありません。

【食育】朝食が大切なのは学力のためではない!!

事実、全く別の要因で判断すると、

「朝食を食べること」はおすすめできる食育です。

朝食をきちんと食べることは、

子供達にとっていいことがたくさんあるんです!

次回はその朝食の力について、お伝えしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です