【疲れたお母さんに朗報】子どもの夕飯作りがめんどくさい!食育のために週に何度かは作るのをやめよう!

毎日のご飯作り。はっきり言って、面倒ですよね。
家にいる時はほとんどキッチンにいる
と言う方も多いと思います。

そのご飯、本当に毎日
頑張って作らなくちゃいけませんか?

お母さんは子どものために頑張っている!

ほとんどのお母さんは、
食事作りを子どものために頑張っていますよね

●手作りのものを食べさせてあげたい
●加工品でないものを食べさせたい
●栄養を考えた献立にしてあげたい

子どもたちを健やかに育てるための
義務だと思って頑張っている方が
ほとんどだと思うのです。

私は、本来なら食事なんて
気が向いたときにしか作りたくありません。

でも、外食ばかりするわけには
行かないし・・・
と、結局様々な罪悪感から逃れるために
いやいやながらに料理をする日が多々ありますw

でも、この義務感がかえって
食育上、問題を起こす可能性が
あるんです!!

お父さんとお母さんの調理態度の違い

嫌々食事を作っている
と私は書きましたが、
問題なのはこの

嫌々作る

と言うところですw

母親と父親の調理態度と
子どもの食態度への
影響を調べた研究があります。

これは2007年の研究ですが、
東京・神奈川・埼玉・千葉にすむ
712件のアンケートからの結果です。

母親と父親の調理態度に関しての
印象がとても興味深いんです


父は料理を上手に作る, 自分で作ろうと努力している, 料理をするとき楽しそう,という項目に 「そう思う」, 「まあそう思う」 と答えた子どもの割合は, それぞれ 76.1%, 49.3%, 70.1%である. これらの割合は, 父親の調理頻度が高いほど高く, 週1日以上行っている場合はそれぞれ 92.6%,82.7%, 84.1%となる. 母親の場合はそれぞれ, 93.6%, 91.8%, 58.7%であり, 子どもは, 母親は料理上手で, 自分で作ろうと努力しているが, 父親よりも楽しそうではないと受け止めていた.

「母親と父親の調理態度が, 家族の共食と中学生の調理態度に与える影響」日本家政学会誌2007

つまり、

お母さんより
お父さんの方が楽しそうに
料理している

と言うことですよね?

これ、どう思います?
私の感想は

あたり前じゃ〜〜〜〜!!!!!

ですw

義務として毎日のようにお料理している母親と
気が向いたときに作りたいものを作る父親。

そりゃ〜楽しいでしょうよ!!

って話ですよね。
でも、この論文が面白いのはここからです

調理態度が子供に影響?

私が一番驚いた記述がこちら

「母親の調理頻度」 のβ値は, 男女ともにマイナス方向に有意であり, 特に男子で大きい. すなわち, 「母親の調理頻度」 が高いほど, 子どもは「共食の雰囲気」 を楽しいと感じられなくなり, その傾向は男子で強い.

「母親と父親の調理態度が, 家族の共食と中学生の調理態度に与える影響」日本家政学会誌2007

こんなことあります?

料理を作れば作るほど、
子供達にとって食事が
楽しくないものになる!!!

ってことですよ?

なんのために頑張ってたんだ〜〜〜!!!

ってなりますよね。

で、これが何故なのか?
と読み進めると

母親が調理をすればするほど母親に調理役割が集中する. 毎日の食事作りを一手に引き受けることは, 母親の義務感や負担感を強め, それを子どもが感じ取り, 「共食の雰囲気」 のよさを阻害すると推察される.

「母親と父親の調理態度が, 家族の共食と中学生の調理態度に与える影響」日本家政学会誌2007

バレてたんか〜〜〜い!!!!

毎日の料理に疲れて
嫌々ご飯を作ってたこと、
子供にバレてるらしいです!!

それが、バレて
食事が楽しくなくなっているんです

食事の時間が楽しいことがとっても大切なのは
これまでも話してきた通りです

子供達のメンタルにも影響する
食卓の楽しさを
なんとか頑張ろうとする母親の
調理態度が奪っていただなんて!!!!

いますぐお惣菜を買いに行きましょう!
ウーバーイーツ に連絡しましょう!

毎日嫌々とはいえ、頑張ってたのに
バカバカしくなりますよね。

楽しく作れる時だけ、作ればいい!

要するに、
私たち母親も、気分良く作れる時だけ
作ればいいんです。

いやだな〜めんどくさいな〜
と思う時はやめた方が
子どものためなんです!!

子どもは、笑顔のお母さんが大好きです。
疲れた時、
イライラしている時、
そんな時は思い切って、誰かが作ったものを
「美味しい〜!!!!」
と笑顔でいただきましょう!

そうすることで、子どもは安心するのかもしれません。

この研究によると、
親の調理態度の積極性は
子どもの調理態度の積極性に
影響するそうなので、

作る時は全力で

世界一美味しいやつ作るでぇ〜〜〜!!!!

と言いながら
前向きに作ってやりましょう!!!!

私たちが無理する必要はないんです!

さあ、世の中のみなさん!

お料理に疲れたら、
作らないのが子どものため!!

これを合言葉に、
笑顔で過ごせる毎日を!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です