小4の壁と同じ頃にやってくるアラフォーの壁!子育てとキャリアどうする?

共働き世帯は今70%超え。
世の中には子育てとキャリアに奮闘している
お母さんがたくさんいます。

子育てでよく言われるのは
小1の壁、小4の壁。

保育園ほど長時間誰かに頼れなくなる小1。
そして、学童保育に行きたくないと
言い始める小4。
どちらも壁には違いないのですが、
ママにはこの小4の壁の頃にやってくる
別の壁があると思うんです。

パソコン オフィス 女性 男性 仕事 キャリアウーマン
写真AC

子供ができることで変化するキャリア

ワーキングマザーならみんな、
やはり子育てのことを考えずに仕事はできません。

特に子供が小さいうちは、
早く迎えに行ってあげたいし、
家を空けるのも後ろめたい。

何もできない幼い子を預けるのも、
色々準備や調整が必要で、
仕事に対して向き合う時間は
そんなにないと思うんです。

私もそうでした。
自分では目一杯仕事を変わらずやっていたいと
思っていたのです。
実際に子育てを両立してみると
とてもじゃないけど
子供がいる時といない時では
全然違う。

海外ロケに飛び回ることは不可能だし
徹夜続きで編集するのもなかなか難しい。

でも、そうしなくていい仕事を探したり
与えてもらって、
なんとか両立してきたという感じです。

子供のためにキャリアを
犠牲にしていたという認識はゼロです。
だけど、子育てのことを考えると
できない仕事はどうしても出てきてしまうと
そういう考えでした。

ワーキングマザーの中には、
キャリアを一切方向転換することなく
両立されている方もいらっしゃるので、
みんながみんな、というわけではない
と思います。

ただ、私を含め、私の周りには
やはり多少なりとも、調整している方が
ほとんどなのです。

そして、これは決して

「子供のため」

ではないのです。


おそらくは、自分自身が
「自分の思う子育てをするため」
にそうしているのだと思っています。

キャリアウーマン オフィス ミーティング 女性
写真ACより

子供が成長して思うこと。

子供の成長はあっという間です。

これは聞き飽きたセリフかもしれませんが
本当に驚くほど早いんです。

子供が2〜3歳の頃
小学生のお子さんの話を聞くと
まだまだ先だな〜なんて思っていましたが

6歳あたりから成長が加速するイメージで
飛ぶように大きくなるんです。

そして、ある程度のことは
自分でできるように
なっていく。

当たり前なんですけど、
その成長スピードが理解できたら
今度はふと、こう思うんです。

「子育てにかまけるのも、
 本当にあと少しだな」

子供が親に頼る年齢を18歳までとしたら、
もう半分以上来てしまっている!!と。

もちろん、2人目3人目とお子さんがいる方は
また違っているかもしれませんが、
1人目で成長スピードはもうわかってしまう
というのもあると思います。

その時に、ふと

「あれ?私はこのままでいいのかな?」

と思ってしまったんです。

キャリアを見つめ直す

これはあくまで私の個人的な見解ですが、
ワーキングマザーであるということに
柔軟にハマっていたキャリアは、
子育てと両立していたからこそ、
アイデンティティーを保てていたキャリア
なのではなかろうかと。

自分の中の子育ての比重が変わることで、
今一度キャリアを見つめ直すことに
なった気がします。

「子供が家を出たときに、
 私のキャリアこれでいいの?」

「人生100年時代と思ったら
 まだまだ折り返し前!」

とかいろんな考えが
ぐるぐるぐるぐる。。。。。。。。

ぐるぐるしながら、
周りのワーキングマザーに話すと

「私も!」

と共感の嵐だったんです!(笑)

みんなそう思っていたんだなと。

オフィス 手元 会議 男性 女性 パソコン タブレット
写真ACより

アラフォーの壁

今のお母さんたちは、
働く喜びも、面白さも知っています。

だからこそ、
これまで積んできたキャリアも
きちんとある上で、
新しいことがしてみたい!とか
何かに挑戦したい!とか
考える人が多いように思いました。

そして、私はこの
「私、このままでいいのかな」
というママたちの気持ちを、
アラフォーの壁と名付けました。

アラフォーの壁は
突然やってくるわけではありません。
じわじわやってきます。

アラフォーの壁に備えるべきこと

そして、小1や小4の壁のように
備えておくべきこと
というのはあまりないかもしれません。

たった一つ、言えるとしたら、
この壁に当たった時
ワクワクした方がいい!と
いうことです。

母としての人生ではない、
一人の女性としての人生を
今一度見つめ直すチャンスだと
思いましょう!

私たちは、子育ても仕事も
精一杯やってきたし、
これからもやっていけます。

だけど、子育ては、
いつか終わるんです。
だからこそ、
今一度、自分の人生を
考えてみる時期なのかもしれません。

私たちはまだまだ若い!

これからの自分の人生を
自由に設計することが
できるはずです。

「やりたいことか」ではなく
「できることかどうか」で判断していたことを

もう一度「やりたいことか」と
問うべき時なのかもしれません。

そして、キャリアに対する考え方は
子供を産む前と大きく変わっているのでは
ないでしょうか?

今の私たちだから、やりたいこと
がきっとあるはずなのです。

ワクワクしてトライする

私はこのアラフォーの壁に当たったことで、
また、ワクワクしたい!
と強く思いました。

だからワクワクする方へ
舵を切ろうと思います。

そう考えた結果

会社を辞めました。

ここでの決断は、それぞれだと思います。

会社を辞めずに
副業を始める人もいるでしょうし
部署の異動を希望する人も
いると思います。

とにかくキーワードは
ワクワクではないでしょうか?

私たちは母親になったことで
とても年老いたように思ってしまいます。
でも、まだまだ人生これからです!
まだ何にでもなれるのです!

どうか新しい自分に
ワクワクしてください。

私のチャレンジも
上手くいくかどうか、何もわかりません。
正直不安もたくさんあります。

でも、いつの日か
あの時辞めてよかったと
言えるように
子供の手が離れても
生き生きと生きていけるように
頑張りたいなと思っています!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です