ワーキングマザーの私が、イラっとする飲みの席での「ある質問」とは?

さて、みなさま。
これは私の戯言ですが、
夜遅くなるのはどれくらいの頻度ですか?

私の周りでは月に1度とか月に2度という
お話が多いような気がします。

正直に言います。

私は週に1度はあります!

堂々ということじゃない!と
お叱りを受けるような気がしますが
もう一度言います

週に2度のこともあります!

もはや、母としては失格でしょうか?(・_・;

ただ、これそのほとんどが仕事です。
逆にプライベートでお友達と楽しく!というのは
月に一度どころか半年に一度もないかもしれません。

ただ、仕事の付き合いの楽しい飲み会もあるので
そう変わらないとも言えます(笑)

母親は夜楽しんではいけない?

女性 日没 コーヒー 悩み
Foundry CoによるPixabayからの画像 

母親という言葉には
勝手なイメージや勝手な掟が山盛りに
ぶら下がっていますよね。

「母親は家事をするものだ」
「母親は常に子供を優先するものだ」
「母親は美味しいご飯を作るものだ」
「母親は子供のことを管理・教育するものだ」

この固定概念は本当に腹立たしいものです。
「父親どこ行ってん!!」
と言いたくなりますよね。

よく母親の顔が見てみたい!と
言われますが、父親の顔を…とは
ならないのも、この
日本昔ばなし級の母親像のせいです!!

その中に、
「母親は夜出歩いてはいけない」
という項目があると思いませんか?

いやあるんです。ありますよね?
だからこそ、母でもある女性たちは
夜出て行くことに罪悪感をもち、
帰ってきてついつい
「ごめんね〜」と言ってしまうのでは
ないでしょうか?

でも、私は
謝らなくていい!!と思います。
だって、毎日頑張っているのは母とて同じ!
仕事で忙しい時に遅くなることなど、
普通だし、
たまに羽目を外したっていいんです。
そういう日がないとやってられないですよね?

母親も、子供や旦那や家事に縛られず、
思い切り楽しんでストレス発散して
家で笑顔でいる方が、
よっぽど家庭は円満です!

「こういう日はどうしてるんですか?」

夜景 夜 都会 高速道路
David MarkによるPixabayからの画像 

私が一番嫌いな質問がこれです。
飲み会や遅い日には必ず
「こういう日はお子さんどうしてるんですか?」

ほっといてくれ!
と思ってしまいます。

「旦那がみてます」
というとみなさんホッとした
表情になるのですが
これまた不思議です。

「いや〜一人で寝かせてますよ。
菓子パンあれば大丈夫なんで」

っていうと、どうなるの?

そんなわけないやん!
ちゃんと調整してこの日を迎えてるんですよ!
それが働く母の大変なところなんですよ!

って話ですよ。
だいたい、子供がいる男性に
「こういう日はどうしてるんですか?」

って聞いてる人みたことないですよね?

母親だからこそ、
夜出歩いてはいけないという掟の元
この質問になるわけですよ。
この質問が出ない日は来るのでしょうか?
子供のことは女の仕事
という固定概念が生み出す、究極の質問ですよね。

夕飯を用意して行くか、行かないか

カクテル バーカウンター お酒
Seo_SeungwonによるPixabayからの画像


夜遅くなる日、みなさんは夕飯をどうしてますか?

簡単に作って行くという方もいれば
冷凍庫にストックしているという方も。

私は気分で決めてます(笑)

外食などが続いているな〜というときは
作って出かけることもあります。

作って出かけるときはだいたい決まっていて、
ミートソースを作っておいて
パスタにかけてもらうとか
親子丼の上を作っておいて
ご飯にかけてもらうとか
そんな感じです。

でも、ほとんどの場合は作っていきません。
大人が一人いるんだから
なんとかしてね。よろしくねって感じです。

これも、ご自分の気持ちで決めればいいんです。

作った方が思い切り罪悪感なく楽しめるなら
作ればいいし、
面倒で時間がないなら、夫に任せればいい。
だって、2人の子供なんだから。

たまに、
「旦那さん夕飯どうしてるんですか?」
とか聞いてくる人がいますが

はぁ〜〜〜〜〜〜??????

ですよね。
「奥さんいないと夕飯食べられないんですか?」
って聞いてやります。(笑)

ただの愚痴になりましたが、
ワーキングマザーを取り巻く環境は
固定概念という敵ばかりです。

それに惑わされず、自分たちのルールを作りましょう!!

私は私のものさしで頑張ります!

(あ、浜崎あゆみさんと同じだ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です