ワークライフバランスコンサルタントの資格を取得しました!

ワークライフバランス。
最近よく耳にするという方も多いのではないでしょうか?
内閣府のサイトによると

「国民一人ひとりがやりがいや充実感を感じながら働き、
仕事上の責任を果たすとともに、
家庭や地域生活などにおいても、
子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて
多様な生き方が選択・実現できる社会」 と定義されています。

私は、TVの仕事や食育の執筆をしていて、
子育てをしながらキャリアを積むことの難しさを
痛切に感じていました。

SDGsなどで、ジェンダー平等が掲げられたり
ジェンダーギャップ指数の改善なんていう話を聞くたび

子育てをしている女性も、企業もwinwinになる道はないのか
ということを考えていました。
そういった、女性躍進への興味が募り、

ライフワークバランスコンサルタント
の資格を取ろうと思ったんです。

ライフワークバランスは働き方改革で実現する!

女性 スーツ 営業 二人
写真ACより

ライフワークバランス。
つまり仕事と私生活の充実をバランスよく
実現しようと思ったら、
大切なのは、働き方の改革です。

国でも働き方改革が推進され、
テレビ業界でも、
早く帰れ〜の動きがありました。

この働き方改革。
真の意味を私は理解していなかったなと思います。

働き方改革は、長時間労働の是正。
どうせ会社が残業代カットのために
やろうとしてるんでしょ

そんなふうに思っていました。

でも、ワークライフバランスを学んだ今なら

「働き方改革は、日本を救う!」

と大きな声で言えます。

長時間労働は、これからますます難しくなります。

そして、その長時間労働を
よしとする風潮は、これからどんどん
時代遅れになっていくと思います。

子育てをしながら仕事をする人
介護をしながら仕事をする人
そんな人たちが、気持ちよく
やりがいを持って働けるようになる

それが働き方改革です。

女性躍進には欠かせない

子供がいる女性が、陥ると言われるのが
マミートラックです。

責任ややりがいのない、作業を割り振られ
時短勤務で働かされる。

子供ができる前は、フルタイムでバリバリ
働いていたのに、子供ができると
理不尽にも「誰でもできる仕事」を
させられてしまう。

そんなマミートラックも、
なぜそうなるかというと、
長時間働くことができないから!

長時間労働が、女性の働きがいを
奪っているとも言えます。

そして、男性の子育て参画だって
長時間労働が大前提だから難しい!

もし、男女ともに、短時間で生産性をあげ、
早く帰宅して協力して子育てができれば、
日本はこんなに少子化になっていなかったかも
しれません。

女性 仕事 パソコン テレワーク
写真ACより

女性が常に活き活きと働くために


結婚したり出産したりすることで、
大きく生活が変わります。

私も出産を経験したことで、
「あ〜女というだけで行きづらい世の中なんだな」
ということを痛いこと感じました。

「女が子育てをすべき」
「料理は手作りすべき」
「子供を常に優先すべき」
「旦那の稼ぎがあるから大丈夫」

と、自分が思い描く生活が
「自分がなりたい自分」なのか
「世間から見たちゃんとした母親」なのか

を見失ってしまったこともあります。

でも、今私たちは変革期を生きているということは
確かです。

ジェンダー差別を無くそうという意識が盛り上がり
男性の育休を促進する声が上がり、
少しずつですが、時代は変わりつつあります。

そして、コロナ禍のテレワークで
その意識は大きく加速したようにも思えます。

きっとこれからは、子供がいるとかいないに
関わらず、多くの女性が活き活きと働く道が
開かれるに違いありません。

私はそう信じています。

そして、そこに少しでも力になれたらいいなと
思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です