【子供の夜泣き奮闘記3】効果があった対策まとめ!!

夜泣き 対策 効果 ブログ 

夜泣きで苦しんでいるママ達!

お疲れ様です。

毎晩大変ですね。

私も本当に夜泣きには苦しみました。

今日は、夜泣き対策で効果があったものをご紹介します!

どれが当たるかわかりませんが、

是非参考にしてください。

【子供の夜泣き対策1】ひやきおーがん

みなさま

「ひやきおーがん」という薬をご存知でしょうか?

関西では、

「赤ちゃん、夜泣きで困ったな〜♫」というCMソングでお馴染みですが、

実は関東ではあまり知られていないみたいです。

逆に関東では「宇津救命丸(うずきゅうめいがん)」という

同じようなものがあります。

これらは、天然由来の生薬でできた、夜泣きのお薬です。

夜泣きだけじゃなくて、

かんむしなどの、イライラなどに効く、自律神経を整えるお薬みたいです。

生後3ヶ月から飲ませられるので、夜泣きが始まる頃には大丈夫!

最初はなんとなく「薬」という響きに抵抗があったのですが、

7ヶ月頃に、

なんでもいいから、どうにかして!!!!!

という心の叫びに抗えなくなり、

薬局で購入しました。笑

もちろん、古くから使われている、とっても安全なものです!!

ものすごく小さなビンに、ものすごく小さな粒がたくさん入っています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【第2類医薬品】樋屋奇応丸 特撰金粒(500粒)【樋屋奇応丸(ひやきおーがん)】
価格:5981円(税込、送料別) (2019/9/24時点)

 

楽天で購入

 

 

その極小サイズの粒を、

哺乳瓶の口につけて、飲ませていました

生薬なので、即効性があるわけではありませんが、

毎日続けていると、

「あれ?そういえば、

少しましになってるような気がする!!」

って感じでした。

それが、これの効果だ!!と言い切ることはできませんが、

少なくとも、私の心の拠り所になっていたことは確かです。

これがなければ、

麻酔銃が欲しい!!

となっていたかもしれません。笑

一度試してみる価値はあると思います!

【子供の夜泣き対策3】ベビーマッサージ

私、実はこのベビーマッサージには、元々そんなに興味がなくて、

ずっと知っていたのに、特にやってみたい!と思ってなかったんです。

でも、娘が間も無く1歳という頃、

「夜泣きに効くらしい」

という話を効いて、

「これは何としてでも行かなければ!!」

と予約しました!笑

そもそもベビーマッサージは、

夜泣き対策にやるものではないかもしれません。笑

でも私は、当時それだけを目的に行きました。

行ってみると、10人くらいのママが集まっていたのですが、

みんな生後半年くらい!!

1歳の子を連れているのは、私だけでした!笑

ベビーマッサージと言っても、大人のマッサージとは全然違います。

オイルを手につけて、優しく塗ってあげるような感覚です。

その塗り方が、まあるく手を滑らせたり、

体の中心から外側への動きだったり、するんです。

体から、足の裏まで優しくマッサージしていくんですが、

本当に気持ち良さそうにするので、

私も嬉しくなっちゃいます。

ベビーマッサージって、赤ちゃんも気持ち良さそうにするんですが、

実はママにとっても、

リラックス効果があるんだなぁと思ったのを覚えています。

さて、肝心の効果ですが、

これが、

驚くほど

効果があったんです!!

「なんでもっと早くやらなかったんだ〜〜〜〜!!!!!」

となったくらい、

夜泣きの頻度が減りました。

これを習ってから、必ずお風呂上がりは、オイルをつけて

マッサージをするようにしました。

あと、この時教わったマッサージは、

今でも時々、

「やって〜!」と言われます。

なぜか特に足の裏。笑

今は地震が来ても起きなくて、大丈夫かな?と

心配になるくらいですが。。。。笑

でも色々やった中で、

ベビーマッサージは本当に効果があったので、

今苦しんでいるママがいたら、是非試して欲しいです!

【子供の夜泣き対策3】抱っこしない!

ひやきおーがんも、

ベビーマッサージも、

効果はあったんですが、

全く夜泣きがなくなることはありませんでした。

頻度は減っているものの、

相変わらず火がついたように泣き叫ぶ夜がやってきます。

1歳半がすぎて、もうそろそろ収まるだろうと

期待していた私は、

その期待を裏切られるたび

も〜〜〜〜〜無理!!!!!!

と、ブチギレてイライラしていました。笑

そんな時、医者の友人からこんな質問が。。。。。。。

「泣いてる時、目開いてる?」

え?

ええ?

目?

「わからん!!みたことないかも!!」

鳴き声が聞こえるだけで、うんざりしていた私は、

娘の目が開いているかどうか、見たことがなかったわけです。

「目が閉じてたら、寝ぼけてるだけ。

抱っこで起こして機嫌が悪いのかも」

うそやん。

寝ぼけてたん?

その夜、私は娘が泣くや否や、じ〜っと娘の目を見つめました。

閉じてます!

しっかり閉じてます!!

そして、翌朝、こう宣言しました!

私、夜泣き放っておくキャンペーン実施します!!!!

その日から、心を鬼にして、抱っこしない大作戦を実施しました。

いや、抱っこしないどころではありません。

もう、何もしない

となりで泣かせておく!

声もかけない!!(鬼ですね笑)

最初はなかなか泣き止まず、

「これでいいのかな〜」と不安でいっぱいでしたが、

4日ほど経つと、

「あれ?」

「あれれ?」

「泣いてない!!!」

となったんです!

私は、最終はこれで夜泣きから脱出しました。

これが、娘が2歳くらいの頃の話です。

これが本当に決定打になったかどうかは、わかりません。

ちょうど夜泣きが終わる時期だっただけかもしれません。

でも、こんな風にして、私の奮闘記は終わりました。

今も忘れられないくらい、辛かった〜〜〜〜!!!!

この後、2歳半くらいまでは、ときどき泣き叫ぶ夜がありましたが

そんなに頻繁ではなくなり、卒業したわけです!

【子供の夜泣き対策まとめ】なんでもやってみよう!

夜泣きは、体だけでなく、

お母さんのメンタルも弱くしてしまいます!

だから、私はなんでもとにかく、やってみるのをお勧めします!!

どれが効果があるかは子供によると思いますし、

何もせずに、出口の見えないトンネルにいるのは辛いですもんね。

でも、出口は必ずあります!

何もしなくても、やってくる出口なのかもしれませんが、

この記事が、少しでもあなたを出口に近づけてくれることを

祈っています!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です