ファストフードは子供に悪影響!?食べさせるときに気をつけたいこと3つ

子供はファストフードが好きですよね。

「ファストフードを子供に食べさせたくない」
そういう方は私の周りにもいます。
確かに、明らかに
ヘルシーじゃないという
イメージがありますよね?

でも絶対にだめ!ということは
もちろんありません!
はっきり言って、
食べさせてもオッケーです!!

ファストフードの影響とは?

ファストフードを食べると
不健康になる!

と思っている方がほとんどです。

でも、以前詳しく書きましたが、
添加物などもリスク管理は
みなさんが思っているよりも厳しく
健康に害はありません。

添加物に関してはこちらの記事を
お読みください

添加物の影響があるとすれば、
それは量です!

ファストフードの健康被害について、
研究した論文は特に海外に沢山あります。

でも、そのほとんどが、
ジャンクフードを
毎日摂取した結果とか、
週に3回以上ハンバーガーを食べると、
とかいう極端なものなんです。

週3回ですらなかなかないですよね?

少し前に
「スーパーサイズミー」という
マクドナルドのスーパーサイズを
食べ続けるというドキュメンタリーが
ありましたが、
それだって、日常ではありえない話です。

日本と海外では普段の食文化も全然違います。
だから、食品に使用できる添加物の量や種類も
差があるんです。

日本で出回っている怖い話のほとんどは
こういった極端な研究結果を
もとにしたものが多いので、
ネットの情報に過敏になる必要はありません。

そして、何か一つのもを食べ続けることは
ファストフードじゃなくても
健康に害を与えます。

間違いありません。
塩だって食べすぎると死んでしまう
わけですから。

だから、時々利用する
くらいであれば何の問題もないのです。

ハンバーガー ポテト お皿 トマト レタス チーズ
Engin AkyurtによるPixabayからの画像

どんなことに気をつけるべき?

ファストフードを食べたことで、
何かすぐに健康に
影響が出るわけではありません。

ではファストスード店を利用するとき
何を意識すればより良いか
をお伝えしたいと思います。

摂れなかったものを意識する!

やはりファストフードは、
栄養は偏りがちです。
揚げ物や肉料理になりがちですよね。

食べさせてしまった〜〜!!!

と罪悪感を感じる必要は
全くありません!

摂ったものではなく、
摂れなかったものを意識してください

基本的に、野菜が不足しがちな
メニューが多いので

セットにサラダや野菜ジュースをつける
翌日は野菜を多めの献立にする

などその当日じゃなくても良いので
栄養を補うことを
意識してあげてください。

脂質が多いということは
カロリーも多めになってしまうので
前後の食事や、翌日は
低カロリーのメニューを心がける
というのも良いと思います。

サラダ 野菜 カラフル おしゃれ
silviaritaによるPixabayからの画像

習慣化させない

ジャンクフードは基本的に
味付けが濃いものが多いですよね。
いわゆる大味です。

大人になってからも、
濃い味付けが好きな人と
薄い味付けが好きな人が
いますよね。

これが、味の嗜好というわけです。
この味の嗜好は、完全に
その食環境で決まります。

つまり、幼少期から
濃い味付けのものばかり食べていると
濃い味付けのものしか
美味しいと感じられなくなってしまうわけです。

これは、糖分の過剰摂取や
塩分過多にも繋がるので
やはりヘルシーではありませんよね。

子供の味覚について書かれた記事にも
こんな記述があります

子どもは成長とともにさまざまなおいしさを覚えていきますが、生まれつきおいしい味(油脂、砂糖、うま味)もあります。大人になると苦味や酸味や辛味のあるものまで食べるようになりますが、子どもを放っておくと「好きなものだけ食べる」という食習慣が形成され、高カロリー、高脂肪、砂糖過多、高塩分のいわゆるジャンクフードでしかおいしさを感じない子どもになってしまいます。そして子ども時代にこうした食習慣を身につけてしまった人は、大人になっても同じ食習慣を続けていきます。

子どもの味覚・嗜好の発達と食行動を探る

つまり習慣化してしまうと
味の嗜好が偏ってしまうということですね。

でも、味覚形成のためには
いろんな味に触れることは
とても有益です。

だからこそ、禁止せず
ほどほどがちょうど良いのです。

毎日ファストフードを食べるという
人はいないと思いますが、
何となく、特別なお楽しみとして
私は月に2回くらいを上限にするのが
ちょうど良いかなと思っています。

女性 お皿 ポテト ハンバーガー
Skica911によるPixabayからの画像

食べるときは、楽しく食べる!!

ファストフードだって、
ジャンクフードだって、
子供共有する、大切な食事の時間です!

変に神経質にならず、
野菜も食べなさい!!とか
野菜ジュースにしなさい!!
とか無理強いする必要はありません。

摂れなかったものは
1週間くらいかけて調整すれば
オッケーです!

むしろ、食べるとなれば
思い切り楽しんで、
沢山お話をしながら
楽しくいただきましょう!

お母さんが笑顔で食べること!
それが子供の心には
一番の栄養です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です